ゲリラ豪雨などの災害の対策必需品土嚢袋!

MENU

作業員

イベント時の客席に

観覧席はイベント時に必要なものですが、使う頻度が高くないのならばリースもおすすめです。必要なときだけ使える、費用が抑えられる、使い勝手のよいものを選べるといった魅力があります。費用だけでなく、安全性や視認性、使いやすさも考慮するとよいでしょう。

土のう

使用上の注意点

災害や土木工事など、私たちの身近な存在の土嚢袋はみなさんも良く見かけるのではないでしょうか。土嚢には使用方法がありますので、一度確認しておきましょう。そして実際に使用する際は、正しい方法で使うようにしてください。

観覧席

フレキシブルに使えます

祭りやイベントのときに使う観覧席は、リース品を使った方がイベント時以外で場所を有効に使うことができます。リースの観覧席は大変丈夫に作られていて安全性に問題はありません。数や配置についてフレキシブルに使えることも大きな特徴になっています。

工事現場

ガラ袋との違い

建設現場では土嚢袋とガラ袋の両方が使われていますが、土嚢袋はひっぱりに強いポリエチレンでできていて主に土を入れるのに使われます。ガラ袋はとがったものにも強い性質があるので、現場で出たゴミを入れるのに使われます。

観覧席

どこにでも設置可能です

最大限の観客を想定して観覧席を作ってしまうと、普段は余計な維持コストがかかるので最小限の観覧席を用意し、リースで観覧席を増設すると良いでしょう。リースでも強度は十分で、凹凸のある場所でも設置でき、座席の数や形を変えられるのもメリットとしてあげられます。

土木現場で使う道具

土のう袋

土嚢の用途と特徴

土嚢袋とは土のうに用いられる袋の事で、普段の生活で目にする機会は少ないものです。また、土嚢袋は麻やポリエチレンで作られていることが多く、土のうはその袋に土を詰めた土木建材の事です。土嚢袋には様々な種類があり、それぞれの用途に合ったものを選ぶことが大切です。土木現場や工場で用いられることの多い土嚢は用途ごとに様々な種類があります。一般的に、例えば製紙工場などで有害物質が河川に流れてしまうというような場合に土のうは堰き止めるために用いられます。このような場合、土嚢袋に求められる性能は耐水性の良好さです。仮に耐水性の低い土嚢袋を用いてしまうと土に水が浸透し、重量が増加してしまいます。他にも土嚢の使用例をいくつか挙げていきたいと思います。その内の一つとして、テントの重りとして使用する場合があります。このような場合、山中や河川などで万が一土嚢を破棄してしまう場合があります。こういった場合に通常の土嚢袋の素材では環境に対し悪影響を及ぼしてしまいます。しかし、素材を生分解性のプラスチック繊維に替えておくと破棄した場合でも環境破壊を起こしにくくなります。土嚢の使用例として他にも、軍隊の訓練や実戦で銃弾の盾となるような壁を作る際に用いられることがあります。このような場合、土嚢袋に求められる性能は銃弾や刃物に対する耐性です。いかに貫通性を下げることのできるかが重要になってきます。このように、土嚢袋には用途ごとに様々な性能があります。企業で土嚢袋を使用するときは、大量に購入するケースが多いですが、持ち運び等大変さを感じることもあるでしょう。その場合は、通販を利用すると便利です。また、通販サイトによっては土嚢袋以外にもイベントなどで使用できるベルトパーテーションや工事現場などで使用されるコーンといった道具も取り揃えられています。そのため、イベントなどで必要な場合でも利用することができます。もちろん大量発注にも対応しているので、ぜひ通販を利用して購入しましょう。

Copyright© 2018 ゲリラ豪雨などの災害の対策必需品土嚢袋! All Rights Reserved.