ゲリラ豪雨などの災害の対策必需品土嚢袋!

MENU

使用上の注意点

土のう

備えておけば安心

災害や道路工事、爆弾処理など、様々な場面で活躍しているのが土嚢袋です。この中でも特に水害などの災害は、多くの人たちに関係してきますので、日頃からの備えが大切です。いつ災害が起きても大丈夫なように、以下の点にも注意して常に備えておきたいものです。毎日の気象情報を確認しておく避難場所やその経路、危険な場所を確認しておくなお、実際に土嚢袋を使用する時は下記の点に注意してください。充填した後の土嚢落下などの衝撃が加えると、縫製部分の目ずれや破袋の原因にもなります。また、充填した後の土嚢を設置する際は、必ず横方向に設置してください。土を入れる際土嚢袋に土を入れる際は、25キロ程度を目安に入れるといいでしょう。それ以上の土を入れしてしまうと、袋の耐久強度を超えて土が飛び出てしまうことがあるからです。そのため、土嚢袋に25キロ以上の土を入れる際は、必ずその強度に耐えられるような専用袋を使用しましょう。利用用途について土のうを使用する際は、食品用途の使用や再利用はしないでくだい。保管場所について災害などに備えるために日頃から保管する人も多いと思いますが、自宅で保管する際は直射日光を避けてください。また、火気や火花が発生するような場所も避け、安全なところに保管するようにしてください。大型の土嚢を設置する場合大型の土嚢を設置する際は、荷重が吊部に均等にかかるように設定してください。土嚢を使用する際は、上記の点に注意しておきましょう。

Copyright© 2018 ゲリラ豪雨などの災害の対策必需品土嚢袋! All Rights Reserved.