ゲリラ豪雨などの災害の対策必需品土嚢袋!

MENU

どこにでも設置可能です

観覧席

土地を有効活用できます

オリンピックなどの大きなイベントがあるときには、何万人もの観客が入るスタンドを準備しますが、イベントが終わった後にはそこまでの人数が入ることはほとんどなく、巨大な観覧席は無駄になってしまいます。そこで恒久的に使える観覧席は最小限に抑えておいて、残りはリースで観覧席を作る方式が近年多くなっています。恒久的な施設は使用していなくても常に維持費がかかりますが、リースであればリース料金はかかるけれども維持費はかからず、空いた場所は他の用途で使用することもできます。またリースの観客席は設置する環境や条件を選ばないメリットもあります。花火大会では河川敷や海岸のような建築物が普段ないところやゴルフ場のグリーン脇にも設置することができ、斜面や段差があっても設営ができます。座席の数や形も設置する場所に応じて、いくらでも変更できるのも特徴です。いわゆる仮設の観覧席になるわけですが、仮設といっても見た目は美しく、常設並みの強度を兼ね備えています。観覧席がなければ殺風景なイベントになりがちですが、観覧席があるだけで盛り上がりが大きくなり、スマートな運営ができるので、イベント主催者は積極的にリースの観覧席を考慮すべきです。観覧席をリースしている会社は、言われたとおりに設置するだけではなく、観覧席の設計について提案をしてくれます。イベント会場に最適な観覧席を設計し、設置してくれるので、まずは相談してみることをお勧めします。

Copyright© 2018 ゲリラ豪雨などの災害の対策必需品土嚢袋! All Rights Reserved.